貴宝石岩盤浴ホームページ > 貴宝石岩盤浴の特長 > ラジウム岩盤浴について

汚染土壌の除染の実験結果はこちら

ラジウム岩盤浴について

妊婦の方はラジウム岩盤浴への入浴はご注意ください。

数年前のイラク戦争において、劣化ウラン弾を使用した戦場で作業した米国の兵士が、帰国後、結婚して生まれた子供に奇形児が多くみられ、今、アメリカの社会問題になっています。

『週刊現代』2005年6月11日号によると、その劣化ウラン弾の作業現場をガイガーカウンター(放射線測定器)で測定すると、3マイクロシーベルトを示しました。

この、3マイクロシーベルトという数値の放射能をある期間被ばくした米国の兵士が、アメリカに帰国後、赤ちゃんを作ったところ、痛ましい姿(手の指が欠如している奇形)で生まれてきました。

monaz.jpgラジウム岩盤浴に使用されるウラン・トリウム鉱物の粉体を、当社にてガイガーカウンターで測定すると、このわずかな量で30マイクロシーベルトを示しました。奇形の原因となった劣化ウラン弾環境の10倍です。東京は0.06マイクロシーベルトですので、500倍もの値です。(放射線量だけでなく戦場の空気環境もありますので、上記記事と単純に比較してはいけないとも思いますが・・・)

しかし残念なことに、日本は奇形児出生率が世界一です。

被ばく量一口メモ
日本国内での放射線の安全な被ばく量(地球上の自然な放射線量2.4ミリシーベルト+レントゲンなどの被ばく量を除く)は一般人で年間1ミリシーベルト(1000マイクロシーベルト)です。
ということはその場所に放射線がある場合、住んでも安全だとされるレベルは1000÷365÷24=0.114マイクロシーベルト/hという計算になります。

被ばくについて⇒ウィキペディア

貴宝石はチェルノブイリ原発事故のとき、大量に使用されたゼオライトに非常に近い成分を持った天然石です。またゼオライトにはない放射性物質を除去するのに適した成分「酸化チタン」も含まれているので入浴剤、手洗いなどで放射性物質の除去効果が期待されます。

ラジウム岩盤浴は安全なのか?

全国的に広がっているラジウム岩盤浴では、石板にウラン・トリウム物質を使用しています。

一部、「ラジウム岩盤浴」を販売している業者より、放射能量の累積量から、たいして問題ないと発言している所もある様ですが、放射線の質、量を確認する必要があります。「妊娠している女性はご使用を控えて下さい。」という表示がある場合妊婦の方や妊娠予定の方はご利用されない方が良いと思います。

お客様の安全こそ最優先だと、当社は考えます。

★インサイド情報★
以前、当社にいらした某大学の教授は、以前からラジウム 岩盤浴に疑問と不安を感じ、1年半の時間をかけ、ラジウム岩盤浴と同様のガンマー線をラットに与える実験を実施した所、7世代目で、血液のガンである白血病と臓器欠損が発生した実験結果を得た旨の衝撃的なお話がありました。

ラジウム鉱石など放射線を強く出す物質は、50cmも離れると放射線の強さはほとんど無くなってしまいます。
岩盤浴は石板の上に寝ます、その石板が強い放射線を発生しているとしたら非常に近くで身体が放射線を受けることになります。
体温を上げたり、ガン患者だったり、治療目的で入浴される方にはとても効果的だと思います。
しかし、妊娠を予定している方や妊婦の方は、細胞分裂が活発な胎児に放射線を照射することになるので、避けた方が良いと思います。

★豆知識「放射線について」★
放射線には、アルファ線、ベータ線、ガンマー線などがあります。放射性物質の種類(核種)ごとに、放射される放射線の種類や強さが違いますが、特にガンマ線の様に強い放射線が近くを通過すると、原子や分子はイオン化され、生体組織や遺伝子を傷つけたり、活性酸素が生じて生命活動をさまたげ、放射線を浴びただけ、修復しきれない傷が増えていきます。
一方でこの放射線の刺激によって、さまざまな医療行為が行われ、さまざまな治療効果が発表されていることも事実です。

人間を始め、地球上の動物は何億年も、放射線や毒だった酸素を取り込み、免疫機能により順応してきた歴史があります。

健康と安全に関する弊社の考え

鳥インフルエンザ、狂牛病(BSE)の問題で、世界的に厳しい検査体制が行われています。しかし、放射性物質に関しては、世界で唯一の被ばく国民であるにも拘わらず、世界基準(国際原子力機関IAEAも含む)より甘い基準になっています。

弊社では原発事故が起こるずいぶん前から、この様な情報を国民が広く知り、マスコミの話題に頻繁に上がった時、ラジウム等を使用した施設は、どの様に評価されるのかという考えを心配していました。

しかし実際に起こってしまった現在、岩盤浴の世界だけでなく、世界的に放射線は危険という風評被害が蔓延しています。

反面、放射線における生命の覚醒現象も否定するつもりはありません。

健康施設という形で、岩盤浴を行う場合は、扱う側も使う側も、第一に安全、第二に効力、第三に安定だと弊社では考えています。



いいねをクリックお願いします。


-----------------------

動画で紹介!貴宝石岩盤浴

video_kiho.jpg貴宝石とは!

video_ganban.jpgまるわかり!貴宝石岩盤浴